ハワイで日本の免許証で運転した際の注意点

あまり知られていない情報ですが、ジュネーブ条約を批准している国同士では、お互いの国の運転免許を認め合う意味から、国際運転免許証があればその国で運転ができます。

日本人観光客が多いハワイ、グアム、そしてサイパン、そしてスイスでは、便宜を図るための処置で国際運転免許証なしに運転が可能となっています。

最も日本人観光客が多く、レンタカーを利用する事の多いハワイでは、入国後1年以内に限り,日本の自動車運転免許証だけで運転できるとされています。

ちなみにハワイの領事館では、ハワイ州内の警察等に対して,日本の運転免許証の解説書(英語版)を送付するなどしているそうですが、全ての警官にそれが行き届かず、事故や違反の際に無免許運転とされるケースもあるそうです。

ハワイでの旅行中になにかトラブルに巻き込まれたり、検問で停められることもありますから、運転免許証とパスポートのほかに、国際運転免許証または免許証の翻訳されたフォームを携行するのが望ましいとされています。

以下は在ホノルル日本国総領事館のHPから抜粋

ハワイ州で車を運転する方へ

 

 ハワイ州では,入国後1年以内に限り,有効な日本の自動車運転免許証で自動車を運転することができます。入国後1年以内であることを証明する必要がありますから,パスポートも忘れずに携行してください。    

事故や違反で取締りを受けた際,日本の運転免許証を示したにもかかわらず無免許運転として処理されることがあります

これらは,警察官の誤解と言わざるを得ないのですが,無免許運転として現場の警察官から呼出状を交付された場合,本人若しくは代理人(弁護士等)が裁判所に出頭する以外解決する方法がありません。

このため,ハワイ州内の警察等に対して,日本の運転免許証の解説書(英語版)を送付するなどして,日本の有効な自動車運転免許証は入国後1年以内に限りハワイ州内でも有効であることを現場の警察官に理解していただくよう努めているところです。しかし,依然として,当地の警察官が日本の運転免許証を認識できない可能性もありますので,念のため,翻訳代わりとして国際運転免許証も携行することを強くお勧めいたします。

 

 
 

ハワイでドライブのときは

①                日本の運転免許証(必須)

②                パスポート(必須)

③                国際運転免許証(参考)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在ホノルル日本国総領事館ホームページはこちら

 

こちらの投稿はあくまでも参考程度の認識でお願い致します。こちらの投稿を参考にされて何か不都合な事が起こっても当社では責任をとれませんので、ご了承ください。